パネルラインワンピース裏地②

一昨日、裏布用の型紙をなんとか作ろとして、育児に追われて途中でとまっていました。
さて、再開しようと思った矢先、なんとなんと佐々木ソーイング教室ママ先生様がコメントをくださいましてご丁寧にワンピースの裏布のとり方をお教え下しました。

感激で涙がでそうです。本当にありがとうございました😂

“コットンフレンド2017年夏号”に掲載されているワンピースは、裏布をつけることを想定していないので掲載の見返しは裏無し用のものらしいです。

佐々木ソーイング教室ママ先生様のコメントを下記に引用させていただきます。

裏地付きにするなら 襟ぐりと袖ぐりの見返しを続けてしまい
裏地は途中から付く感じがいいと思います。
中央で襟ぐりから5センチ位下がってしばらく直角にひいて
自然なカーブで袖ぐりの見返しのカーブにつなげます。

 

上記お教えいただいた方法を元にとりあえず図だけ書いてみました。

コットンフレンドに掲載されているのが図の「元の袖見返し」、「元の衿見返し」(裏地をつけない場合の見返し)です。「新見返し」と記載したのがが佐々木ソーイング教室ママ先生様がお教えくださった方法を元に書いてみた裏地をつける用の見返しです。図がどうかあっていますように🍀

明日以降、まずは新しい見返しの型紙を作ってみて、その見返しからつなげる裏布の型紙をつくってみたいと思います😀

つづく

↓ぽちりと押していただけると励みになります。

にほんブログ村

↓ぽちりと押していただけると励みになります。

にほんブログ村















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。