ブログ運営者のフィリーは、節約のため子供の制服は実際のサイズより大きめを買いました。
ジャケットはワンサイズ、ズボンは2サイズ大きめを購入したのですが、問題はズボン、、、。

ズボンは半ズボンだから長さはあまり違和感なく使えるのですが、腰回りより大きすぎるとズボンがずってくるのですよね、、、。購入したときはあまり気にならなかったのですが、実際にはいて走り回るとずれおちてくるらしく汗

主人に「ベルトを買ってあげて」と言われました。よし!買おう!と思ってネットで検索すると1,000円~2000円ほどするんですね。なんとか作れないかなと考えたところ、昔自分がもっていたDカンを使ったベルトを思い出しました。

バックルがいらないので100均や手持ちの材料でハンドメイドできます☆実際の作り方を皆さまに共有しますね!材料を100円均一でそろえれば材料費は324円ですみます♪

【材料】

  • 25mmテープ 1個(25mm幅1m 100均のSeriaセリアで購入)
  • バイアステープ 5cm程 (100円均のセリアかダイソーで購入)
  • Dカン 21mm幅(日本紐釦で購入 100円均一のダイソーでも購入できます。その場合は25mm幅)

【作り方】

  1. 25mm幅テープをカットする。

    ズボンを履いた子供に実際にテープをぐるっと巻いてみて20cmほど大きめに25mm幅テープを切ります。(息子の場合は82cmにカットしました。)

  2. Dカンをつける。

    カットしたテープの端処理がしてある方(カットしていない側)に2個のDカンを通します。

    下記の写真のように端を4cmほど折ります。(※写真にのっているはさみの先端は写真をとるためにおさえているだけで実際は必要ありません。)


    下の写真のようにDカンの際(キワ)とテープ端を縫います。

  3. Dカンをつけたところが下の写真です。
  4. バイアステープをつける。

 切った方のテープの端はほつれてしまうので、バイアステープで端処理を行います。
まずは、テープ幅より約1cmほど大きくバイアステープを切ります。(3.5cmにカットしました。)

次にバイアステープを開いて↓の写真の矢印の通りテープ幅よりほんの少し大きくなるように折り、アイロンをかけます。

 

また、開いてテープとバイアステープの端を合わせ、写真のようにバイアステープの折り線に沿ってテープ幅に縫います。

縫ったところが↓です。テープがバイアステープよりはみ出てしまった部分はカットします。

バイアステープを下の写真のようにひっくり返して、

端を↓の写真のように包みます。(縫う際にずれてしまい、左右対称になっていません汗 このままでも特に問題がないので、先に進みます。)

写真のように真ん中で半分におります。


更に半分におり縫います。これで25mm幅テープの端をバイアステープでくるみ端処理ができました。

以上で完成です!

いかがでしょうか?意外と簡単ですよね♪
もしバイアステープをつけるのが難しければ、テープを軽くライター等であぶれば端処理ができます。その場合は3の工程が不要になりますね。

【使い方】

使い方はこちら↓です。

Dカン2個にテープ端を通します。

 

Dカンを写真のように開き、テープ端を写真の通りにDカンの間に通します。
これで完了です♪

実際にズボンにつけてみた写真がこちら↓です。洗濯前のズボンなのでしわくちゃですね汗。

簡単&お安くできるのでぜひ皆様も作ってみてくださいね♪

↓ぽちりと押していただけると励みになります。

にほんブログ村















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。