子供服|『いちばんよくわかるパターンレーベルの子供服ソーイングレッスンブック』ショートパンツ

最近作った娘のチューリップ袖のワンピース↓と色違いの縦ボーダー生地で息子のショートパンツを作りました♪

子供服|ザ・ワンピース for KIDS 篠原ともえのソーイングBOOKのチューリップ袖のワンピース 縦ボーダー生地

2018.06.17

ソーイング本とデザイン

今回使用したのは、日本ヴォーグ社出版 片貝夕起著『パターンレーベルの子供服ソーイング LESSON BOOK』です。

こちらの本はなんと子供服27点と小物2点と沢山のデザインが掲載されています。実物大型紙つきで初心者にもわかりやすく写真付きで説明されている本です。

当ブログ運営者のフィリーはソーイングをはじめて間もない頃に購入したものですが、ベーシックなデザインが沢山掲載されているので今でも重宝しています。

Amazon パターンレーベルの子供服ソーイング LESSON BOOK

今回はこちらのP18に掲載されているショートパンツを作りました。
実はフィリーは夏になる度にこのショートパンツを数着、息子のために縫っています。

このショートパンツのいいところは

  • 簡単でパーツや工程が少なく短時間で作れる。
  • 膝上丈で子供が動きやすい。
  • ポケットが真横についているので子供が歩く際などに手をポケットにつっこんで歩きにくい。

です。

型紙

今回写した型紙はパンツ1枚とポケット1枚の2枚です。少ない!ベルトなどの型紙は必要ありません。

型紙のパーツが少ないということは、型紙を写す時間も減るということなので助かります♪

裁断

今回使用した生地は日本紐釦のサマーバーゲンで購入したものです。

サマーバーゲンのレポートはこちら↓

日本紐釦|2018年サマーバーゲンに行ってきました♬

2018.06.11

多用する型紙なので、やぶれにくく扱いやすい型紙用不織布を使いました。

リボン付け位置は切り込みで印をつけ、ポケット位置は目打ちで印をつけました。


(リボン付け位置に切り込み)


(ポケットつけ位置に目打ちで印つけ)

極力チャコペンを使わない方がアイロンでチャコペンの印が消えなくなってしまったりという事態が発生しなくていいですね。

裁断したパーツは左パンツ1枚、右パンツ1枚、ポケット2枚の計4枚です。

縫製

ソーイング本通りに作りました。丁寧に写真付きで説明されているのでアレンジした箇所以外の工程については割愛します。

アレンジした箇所はリボンのほつれ止めとゴムの本数です。

  • リボンのほつれ止め

リボンのほつれ止めが自宅になかったので、試しにチャッカマンで焼いたのですが焦げちゃいました汗

  • ゴムの本数

ソーイング本では真ん中に1本ステッチをいれて細いゴムを2本通すことになっているのですが、2.5cmの太いゴム1本に変更しました。(細い2本だと肌に食い込みやすく、かゆくなっちゃうかなあと思ったので)

完成

完成したのがこちら↓


後ろ

今回は特別に息子がモデルをやってくれました。

膝が完全に隠れないので動きやすくていいそうです♪

ためしに娘のワンピースと並べてみました。

どうでしょう?色違いの生地でもお揃いにみえますか?

色んなソーイング本に色んなデザインのパンツが掲載されているのですが、型紙を写す作業も含めて2時間程度でできるので手っ取り早く作るにはこのデザインがおすすめです♪

↓ぽちりと押していただけると励みになります。

にほんブログ村















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。