ソーイング便利グッズ|型紙用不織布

皆様はソーイング本の型紙を何にうつしていますか?

当サイト運営者のフィリーがよく使うのはロールタイプのハトロン紙です。

このロールタイプのハトロン紙は、通常のものに比べて家具のすきまにたてかけておいて、必要な時にさっととりだせ紙の折りじわを伸ばすことなくつかえてとても便利です。

ソーイング便利グッズ| ロールタイプのハトロン紙

2017.07.03

いつもこのロールタイプのハトロン紙を使用していたのですが、手芸卸問屋の日本紐釦で型紙用不織布というものをみつけ何やら便利そう。
ここは試してみるべし!と思い早速使ってみました。

日本紐釦 にほんちゅうこう

2017.05.10

型紙用不織布

フィリーがはじめに購入したのはこちらの型紙用不織布です↓

Cloverのもので600円~800円代で販売されているようですね。1mあたり200~270円ほど。
少しお高めですね汗

100cm×150cmのものが2枚入っています。(前回フィリーが購入した薄手のものと比較して厚みがあります。)

使用したレビュー

型紙に型紙用不織布を置いてみた写真がこちら。

下の型紙がすけてみえますね☆透け感ばっちりです☆
ハトロン紙だと細かい合印などは目をこらしてみる必要があったのですが、これだとさくさくと写せますね。

鉛筆、ペン等で写せます。

洋裁ばさみですいすいと切れました♪

生地の上においても、布に寄り添ってくれていてハトロン紙のようにかさかさと動きにくいのでとても良いです♪

また、紙ではないのでうっかり不注意で破いてしまうということもあまりなく、繰り返し使う場合でも耐久性がハトロン紙より良いですね。

レビューまとめ

  • ロールタイプのハトロン紙に比べて型紙用不織布の方がお値段が高い。(ロールタイプのものは1m65円~100円なのに対して200~270円はお高めですね。)
  • ハトロン紙より透け感がよく写しやすい。
  • 紙ではなく布なので破れにくく、動かす際にうっかりびりっと破いてしまうことがない。
  • 布に寄り添う感じでハトロン紙に比べて動きにくく裁断しやすい。

お値段が高いことを除いては型紙用不織布はとても良いと思いました。

安く買う方法

この型紙用不織布の唯一の難点はお値段の高さ。安く手に入る方法をみつけましたので紹介しますね。

わたしがみつけたのは↓の楽天で購入できる不織布です。1m120円。clover社のものが1m200円~270円とお安いですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

型紙用不織布 方眼なし 測り売り1m単位
価格:121円(税込、送料別) (2018/5/13時点)

早速購入してみました。

6m以上購入すると下の写真のようにロール巻で届きます。(6m未満の場合は不織布が畳んだ状態でくるようです。)

ロール巻きの方が普段は家具の隙間にたてかけておいて必要な際にさっとだして使えて便利ですね。

開封したものがこちら↓

実際に型紙を写してみたのが↓の写真になります。

Clover社のものより薄手のものになるので、型紙を写す際や布地に置く際に少しだけ動きやすいのですが洋裁用文鎮を使えばあまり気になりませんでした。

型紙用不織布を使っていくつかのデザインの型紙を写したのですが、とても快適♪皆様もぜひぜひ試してみてくださいね。

↓ぽちりと押していただけると励みになります。

にほんブログ村















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。