プラスナップボタン―傘の面ファスナーがきかなくなった場合の補修

傘は、まだまだ使えるのに面ファスナー(傘を閉じてる時にとめる部分)が接着できなくなった(閉じれなくなった)ことはありませんか? 買いたての頃はしっかりくっつくのに磨耗するせいかくっつかなくなっていく、、、。


そんな時は捨てるのももったいないですし、面ファスナーをほどいてまた新しいもののをつけるのも面倒ですよね😅

そこで面ファスナーの代わりにスナップボタンを新たにつけて使うという方法をご紹介します。私が使っているのはこちら⬇︎

まずはキリで穴をあけ


穴が開いたところで、スナップボタンをつけます。※元々ついている面ファスナーは、芯のかわりにもなるのでそのまま利用します。


凹凸があわさるようにセッティングし、プレス機でグッとはさみつける。



これで出来上がりです。所要時間は1分程✨✨✨

パチンパチンと開け閉めできるようになります。

上は黒い傘に黒いスナップなので、こちらの写真の方がわかりやすいかもですね😅



使用するスナップボタンは特別な器具のいらないイージースナップボタンでもいいかと思います。ただ、めんファスナーが分厚い場合はイージースナップボタンでは留め具をきちんとつけることができないかもしれません。その場合は面ファスナーをとる作業が必要になるかもしれませんね💦

↓ぽちりと押していただけると励みになります。

にほんブログ村

↓ぽちりと押していただけると励みになります。

にほんブログ村















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。